23回出展社インフォーメーション 

 

会社名

1;花田スピーカー研究所

2;オーディフィル

3;サンディエゴ

4;<Audio-Station> R E D Z O N E

5;A&Cオーディオ

6;アムトランス

7;ムジカノート

8;WE-13Aスタジオ

9;Cubic sp.Lab

10;タムラ製作所


 

1)花田スピーカー研究所

〒 806-0047

北九州市八幡西区鷹ノ巣1丁目19番2号
グリーンハイツ鷹ノ巣1F西
TEL:093-642-2670

ボイスコイルで振動板を形成したVCD(ボイスコイル・ダイアフラム)スピーカーは、さらに大きく進化しました。
その高音質により、これまでは分かり難かった音質の差でも比較的容易に判別できるようになりました。
今回は、その特長を生かして次の3通りの比較試聴を行います。
①まずは、スピーカーの比較試聴です。高級スピーカーで知られる B&W805DiamondとVCDスピーカーとの聴き比べ
②次は、アンプの比較試聴で、VCDスピーカーを使って新旧アンプの聴き比べです。新は最新純A級高級プリメイン・アンプのラックスマンL-590AXⅡ、旧は1985年発売の名機サンスイ AU-D907X Decade。
③最後は音源の比較試聴です。最近何かと話題のハイレゾ音源とCDクオリティとの聴き比べ。
果たして、結果や如何に?
勿論、比較試聴だけでなく、数多くの素晴らしい鑑賞曲を準備して501号室でお待ちしております。



 

hanada00

 

 

top

2)オーディフィル

 

〒350-0816   

埼玉県川越市上戸73−7

080-1239-5608

------------------------
オーディフィルは、国産の『桧(ひのき)』材でスピーカーを製作しています。
フェア当日は、8cmフルレンジの無垢桧スピーカー「PR-83Sol」、25Hzの低音再生が可能な大型共鳴管スピーカー「RF-1000」などを展示予定です。
また、自作スピーカー派に向けた各種パーツの展示も予定しております。スピーカー設計ノウハウなどもお伝えできるような場にしたいと思っておりますので、ぜひお越しください。
------------------------

audifill2

 

 

audifill3

 

 

 

 

top

3)サンディエゴオーディオ

〒196-0022    東京都昭島市中神町 1135-11             TEL042-543-3928

 

サンディエゴオーディオ(SDA)は創業間もないベンチャーで「オーディオを科学」することを理念として従来の基礎電子回路を越える技術・研究をしてきました。スタッフは全員が高級理化学機器・医療生化学機器の設計・製造に携わって来た経験を今に活かし音響工学の世界へ入ってきました。新たに設定したコンセプトは「原音を忠実に再生する技術」を追及して、出力トランス(OPT)の宿命であった周波数依存性位相偏差が聴感上で負の効果を与えている大きな課題に着目して研究・実験検証を繰り返して遂にOPTの全周波数透過帯域で位相偏差の生じない製品を考案し実用化に成功しました。加えて、それをドライブする電力増幅回路を新たに発見し商品化できました、これら発見した新技術(OPTとアンプ)で2015年に特許を取得しました。この技術で造られたパワーアンプを「純・電流駆動式電力増幅器」と呼びます。広帯域・低歪・Hi-DF・高分解能・高聴感を与えるアンプは今日のハイレゾ音源再生には必須なツールとなっています。展示会ではシングルエンデット2台(SCS)、及びプッシュプル(DCS)アンプ1台(写真)を出展し、ハイ・チューニングを施した3-Way、及び2-Wayスピーカーシステムで音出し実演デモを行います。従来のアンプ・SPとは一線を画した聴感を5F・503号室でお楽しみいただけます。

 

sundiego1

 

 

 

top

4)<Audio-Station> R E D Z O N E

ソリューションLabo・R

〒937-0045 富山県魚津市相木995-1
TEL/FAX(0765)22-1137
<代表>中田 洋 ☆木曜日定休☆

 

 

独自開発アシスト・ウーファーは特許取得から11年、自己主張しない家庭用&CAR用
サブウーファーとして多くの方々に愛用されています。(全国40店舗で販売中)
その技術を発展させ左右スピーカー内にビルトインさせたSLR方式スピーカーは、
「気持ち良い低音の響きと余韻」口径をはるかに超えるスケール感を再現します。
大好評の最高級20cm2way:エクストリーム、弦楽器の再現に特化したピュアモニター、
驚きの音マーベルを中心に聴いて頂きます。

 

RedZone

 

top

5)A&Cオーディオ

〒227-0046
神奈川県横浜市青葉区たちばな台2-18-25
045-567-5528

トライフォニック・ブランド最新製品の10cm2way(Dolphin-10W)と13cm2way(Jupiter-132)を中心にデモします。 Dolphin-10Wはエントリー機種ですが、高解像度でリアル、尚且つ豊潤で聴き疲れのしない音で、
ハイエンドに相応しい高品位スピーカーです 。
  Jupiter-132は、昨年より製品版が延び延びになっておりましたが、非常に高い完成度にて完結しました。
異次元とも言える生々しい定位感と音場感、表現力があります。絹の様な滑らかさにも、パンチの効いたハイスピード感にも対応出来る高性能スピーカーです。製作が間に合えば、新作の3wayのデモも予定しております。

 

Acaudio

top

6)アムトランス


〒101-0063 東京都千代田区神田淡路町2-10-14ばんだいビル2F
1Fアムトランス神田淡路町店 TEL03-5294-0301

 

アムトランスでは、オーディオ用に特化し た抵抗・コンデンサ部品の設計・製造を 続けてまいりました。 今年はオーディオ用炭素皮膜(カーボ ン)抵抗器の高音質に改良したAMRTを発 売。また、メーカーとのコラボレーショ ンを行い弊社オリジナル高音質部品を搭 載したアンプなど、ご好評いただいてお ります。 真空管は設立時から全数検査しており、 1年保証で安心してご購入いただけま す。 お手持ちの真空管の買取の相談も承って おります。

 

amt-1

 

 

amt-2

 

 

top

7)合同会社 ムジカノート

〒669-5125 兵庫県朝来市山東町粟鹿1008  TEL: 080-6212-0984

 「どんな部屋でも手軽に高音質で音楽を楽しみたい」との思いで、合同会社ムジカノートを設立、2016年4月に店舗開業しました。
 本出展では、最初の製品(スピーカー)である「MusicaNote M i N i」と、主力となる「AWAGA」シリーズの第一弾「AWAGA S-model」を紹介いたします。
「MusicaNote M i N i」は、コンパクトな外観からは想像を超える低音の伸びと量感があり、卓上でもリビングでも音楽を楽しめます。
「AWAGA S-model」はトールボーイ型で、低音・重低音の量感と応答の速さが特徴で、各楽器の分離がよくリアルなサウンドを楽しめます。

 

mijika

 

top

8)WE-13AStudio

〒516-0041
大阪府茨木市橋の内2−7−13−106 TEL 090 6200 7557

<超大型1920年製 ハリウッド映画用ホーンスピーカーとして開発されたホーンを複製>

無謀にも挑戦してWE−13A ホーンのレプリカを製作してしまいました。全くの趣味が高じての製作ですが、オリジナルとわずかの差に仕上げてあります、この工程はあまりに複雑で遠い道のりです,材料も他のホーンと違い無垢材が使用されております。一個のフルレンジ、スピーカーでも素晴らし再生オンが得られます。ウエスターンの技術の恩恵に、あずかりしこの装置の音をよりおおくの人に、モノーラルとフルレンジの楽しさを知っていただきたく、今回初めて参加いたしました。

是非、ご来場くださいましてこの音に触れてみてください。再生アンプはオーナーの大好きな6V6のプッシュアンプでデモル予定です。

13-2この装置がなんと、BGMで使うこの贅沢さにまたひとしおの、喜びがあります。

 

 

 

top    

 

 

                   

Cubic sp.Lab

〒379-0124  群馬県安中市鷺宮3275-5   TEL 027-381-4758

更に進化した小型スピーカー『雅』のご紹介!
 進化を続ける『雅』のご紹介です最大の特徴は『歯切れ良い低域』です!
 従来の『匠』『響』に改善を加え、小型スピーカーに質の高い低音域を再現。
 ダブルバスレフの弱点!筐体内の背圧ストレスを軽減し位相特性を改善
 是非聴いて頂きたいスピーカー『雅』今まで体験した事が無い明瞭なサウンド
 そして低域の臨場感!小型スピーカーの常識を覆す体験を彼方もしてみませんか?

cubic01

 

cubic02

 

top 

 

 

タムラ製作所

〒350−0214       埼玉県板戸市千代田5-5-30   TEL 049-284-6075

<< 佐久間駿氏ヒアリング会を開催(10月8日)>>

<使用予定のアンプ>
845シングルプリメインアンプ(「MJ無線と実験(2017年8月号)」誌掲載)
845ドライブ845プッシュプルパワーアンプ(「MJ無線と実験(2011年11月号)」誌掲載)

他数台

 

<タイムスケジュール>
【第1回】11:30~13:00(ジャズ)
【第2回】13:30~15:00(クラシック)
【第3回】15:30~16:30(歌謡曲)
【第4回】17:00~18:30(バラエティー)

詳細は
http://www2.big.or.jp/~sunaudio/

   E-mail:sunaudio@big.or.jp

 

 


Tamura2

 

<< 本年リリースの新シリーズトランスの展示と音出し(10月9日)>>

「管球王国」誌でおなじみの大西正隆氏をお招きし、氏が弊社の新シリーズトランスを搭載して製作したアンプによる音出しと、汎用性を向上させた電源、他新シリーズ一式のトランスのお披露目をいたします。

 

 

Tamura-1